子どもの歯列矯正の適性年齢やメリットは?

>

子どもの歯列矯正は何歳からがいい?

子どもの歯列矯正は何歳からが適正?

子どもの歯列矯正の適性年齢というものはありません。
それは子どもそれぞれの歯の状態によって変わるからです。
生まれつき歯並びが美しければ当然ながら矯正の必要はありませんが、歯並びがガタガタで噛み合わせが悪かったり受け口など、大人と同様に歯並びに明らかな問題がある場合は、全体で見て3歳頃から矯正を提案されることがあります。

子どもの歯であってもマウスピースで自宅でのみの装着で矯正可能な場合もあり、費用や毎日の生活面と併せて検討すると良いでしょう。
ただしマウスピース矯正を希望する場合は歯並びや虫歯の有無など条件をクリアしていることが前提となることが多いので、その場合は通常のワイヤー矯正などで治療を受けることになります。

子どもの歯列矯正は心配?

子どもが小さい内から歯列矯正をしておくのはメリットもありますが、心配される親御さんも多いでしょう。
歯は一生を通して動いているものであり、1番動きが活発なのが子どもである成長期です。
明らかな歯並びの乱れがあり食事や日常生活に支障がないのなら、成長が落ち着くのを待ってからでも遅くはありません。

子どもの内から歯並びを正しておくことで成長に合わせて整った歯になるというケースはもちろん少なくありませんし、そのために子どもの矯正を検討する人がほとんどです。
しかし歯列矯正にはある程度の期間がかかってしまいますし、子どもの骨の状態や食事などへの支障の有無などさまざまな要素を鑑みた上で施術するかどうかを決めるべきでもあります。


この記事をシェアする